トラックの荷台に貨物を積んでみる

ここではAIを使った積みつけのシミュレーションした結果を表示しています。
下記は、上段が上から見たときの動き、下段は横から見た動きを表示しています。
今回は日本郵便で規定している荷姿(25種類)の箱種で学習しています。
またこのモデルには、以下のルールを組み込んでいます。

・配送の逆順
・重いモノは下におく
・空いたところに小さいものが置けるなら置く

実際には、貨物が順立てされていること、アーム稼働領域など考慮することはありますが、この程度の量であれば10秒ぐらいで、より多く積みこめる解を導き出してくれます。